第2回ICE Cube Center研究会
第67回精密工学研究所シンポジウム
プログラム・pdf版
会場案内図

IoE・ビックデータ時代の第1次産業の知識産業化を目指して
          −センサとネットワーク、情報活用の現状と課題−


プログラム

総合司会: 伊藤 浩之(東京工業大学精密工学研究所 准教授)
13:00-13:50      開会にかえて
 13:00-13:10 「ご挨拶 」
益 一哉(東京工業大学ICE Cube Center センター長/教授)
 13:10-13:50 「センサネットワークと相互運用性が支える農林水産業の知識産業化」(招待講演)
本多 潔(中部大学 教授 / アジア工科大学院 客員教授)(講演資料)
13:50-15:10 センサ技術を活用したソリューション事例
 13:50-14:30 「農林水産分野におけるセンシング技術及びデータの活用」
平藤 雅之(農研機構 領域長/筑波大学 教授)(講演資料)
 14:30-15:10 「海老養殖 閉鎖循環式陸上養殖システム」-今後の陸上養殖の課題は-
野原 節雄((株)アイ・エム・ティー 専務取締役技術統括)(講演資料)
15:10-15:20 ==(休憩)==
 15:20-16:00 「農業情報創成・流通促進戦略〜AI農業等を中核としたMade by Japan農業の推進〜」
神成 淳司(慶應義塾大学 環境情報学部 准教授/医学部 兼担准教授、内閣官房 政府CIO補佐官(統括))(講演資料)
16:00-17:20 センサ情報と上位ネットワークを結ぶ架け橋となる技術講演
 16:00-16:40 「企業的農業経営を支える食農クラウド Akisai」
深谷 朋昭(富士通イノベーションビジネス本部Akisaiビジネス部シニアマネージャー)(講演資料)
 16:40-17:20 「IoE時代の自律分散協調制御の仕組みとしてのリアルワールドOS 」
-PoEデータの収集・利活用の仕組み-
出口 弘(東京工業大学 総合理工学研究科 教授)
17:20-17:30 閉会: 今後の期待と展開
司会: 益 一哉 

日 時:平成26年10月 2日(木)13:00-17:30
場 所:東京工業大学 蔵前会館1F ロイアルブル―ホール



参加費・参加方法

  ○参加費   :無料
  ○参加方法:聴講事前登録が必要。下記の情報を明記の上、メールにてご送付願います。
   --------------------------------------------------------------------------
   ●返信用紙
     ・回答先メールアドレス:entry01@ice.titech.ac.jp
   ---(返信用紙 ここから)----------------------------------------------------
     @ご氏名(ふりがな)          :
     A企業名・大学名            :
     Bご所属と役職名            :
     Cご連絡先(e-mailアドレス):
   ---(返信用紙 ここまで)----------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
      ICE Cube Center 菅沼隆史 suganuma@ssr.titech.ac.jp